リトスタ的廃油石けんのつくり方。
お店で大量に出る「米ぬか」と「廃油」.....これを使って「米ぬか石けん」を作ろう!と企画が持ち上がったのは、実はずいぶんと前のこと。日々の忙しさに追われ、なかなか実現出来ずに来たこの企画、レギュラースタッフになったぬまっちによってついに日の目を見ることとなりました!
とは言え、なにぶん石けんに関しては素人さん(笑)、店長ミヤザキから託された一枚の雑誌の切り抜き.....そこからぐるぐる調べに調べ、試作から本格的な製作.....思いがけない落とし穴.....いやはや一筋縄ではいかなかったねと、当店手作りの「米ぬか石けん」が出来るまで!ぬまっちの奮闘をぜひお楽しみ下さい。

ことのはじまり

いやいや、ようやくこの連載をはじめられること、本当にうれしく思います。

昨年晩秋にこの企画が動き出して以来、当店的には期待の大きな企画だったってのもあるんですけど、えぇ、そもそもこの「手作り石けん」の企画、ホントは.....ずっとずっと昔からあたためてきた企画だったんですね、えぇ、連載初回はまずそのへんのところを店長ミヤザキの方からご説明しつつ、実際製作を担当してくれた石けん部長のぬまっちのヒトコトご挨拶、そしてついに日の目を見た当店手作り「米ぬか石けん」についてご紹介します!

それでは店長ミヤザキ、さっそくよろしく!

「いらないもの」から「ちょっとすてきなもの」をつくる。

お店をやっていると、毎日、大量のゴミが出ます。
リトスタでは「残飯が少ない」ことを自慢にしていますが、それでも揚げ物をするとできる「廃油」と、毎朝玄米を5分づき精米すると大量にできる「米ぬか」は、食品系のゴミとしては大きな要素でした。けれどはじめのうちは、なんとすることもできず、すべてゴミとして捨てていました。
けれど毎日毎日、大量の廃油や米ぬかを捨てているうちに、「これを活かす方法はないのかな?」と思うようになりました。
いろいろ調べてみると、米ぬかは食品として食べる方法があり、試作を繰り返した結果、今では当店人気のメニュー「米ぬかスコーン」と「自家製ぬか漬け」になっています。
一方「廃油」については、調べているうちに、「廃油石けん」というものがあることを知りました。ただ「いらないもの」として捨てているだけの廃油が、石けんになるとは!驚きでした。しかもそれに米ぬかを組み合わせて、「米ぬか廃油石けん」ができるなら、こんなに素敵なことはないのではなかろうか? いらないものと、いらないものを組み合わせて、ちょっとすてきなものができる!この発見によって、俄然やる気が出てきました。

試作を繰り返すも、本業に追われ...

廃油石けんづくりについての本をはじめ、ネットなどでも情報収集を続け、ワタクシ店長ミヤザキが廃油石けんの試作をはじめたのは2年目(2005年)の秋頃。暇を見つけては試作し、失敗し、またつくり...の繰り返し。
初めて作った石けんは、中に蟻の巣のような空洞ができてしまいました。次に作った石けんは、固まらず...。
やがて、溶けやすいけれど使える程度の品質の石けんはできるようになったものの、とにかく毎日の仕込み、

nextpage >>


ご予約やお問い合わせ、一番早いのはお電話!0422-45-3331


お問い合わせ、ご感想などはメールでどうぞ。info@little-star.ws