February 14, 2013

1986年2月14日。

1986年は2月14日。
中学三年の僕。

この日教室ががら〜んとしてたのは、いくつかの地元私立高校の受験日が重なっていたからで、担任の先生もそれぞれ引率などがあって......私立を受験しなかった僕は、その他何人かの.....この日の受験とは関係のないクラスメイトと一日自習....目前に迫った自分自身の高校受験のために勉強をしていた。

されど2月14日はバレンタイン(笑)。

それはそれで年頃の中学三年生....チョコレートのことが気にならないと言えば嘘になるというか、えぇ、もちろん大いに気にはなりつつ......みんな受験無事に終わったかねぇ?なんて話ながら放課後の教室は早い夕暮れ、弱々しくも柔らかい日差し.....って、こんだけ人がいなければ、いつまで待っててもチョコレートなんかもらえっこないしなと(苦笑)、実は中学一年二年ともに全くチョコレートをいただくこともなくすでに最上級生.....そして、僕の好きな女の子は、この日、本命の私立の受験に行っているのだもの.....

okayan.....これ、預かってて.....

振り向くと僕のその好きな彼女の.....親友が小さな四角い箱を.....ハイ、と手渡してくれて.....僕はホントに飛び上がってそこら中走り回りたいくらいうれしかったけれども.....きっとちょっとテレて、あ、ありがとう、なんて言ってきっとそそくさとカバンにしまって.....でも帰り道は宙にも浮かぶような気持ちで.....そしてうちに帰っても、絶対に「チョコレートをもらったこと」をおかんにはナイショにしてたに違いない(笑)。

はじめて.....ホントに好きな人にもらったチョコレート。

でもね、それが「本命のチョコレート」じゃないことくらい、ホントにホントによくわかってたんだよと、だって、彼女が好きなその人は.....彼女の届かないところにいるんだからさと、そんな彼に片想いしている.....彼女に激しく片想いをしているだけなんだよなと、えぇ、そんなの.....それはそれでふつうすぎて慣れっこだったもんな、中学生の僕は(笑)。

部活を引退した中三の秋、その頃同じ班になって、彼女の席は斜め後ろ....ちょこちょことおしゃべりしたり、わりに成績だって悪くなかったから勉強だって教えてあげたり.....冬の日寒い日土曜日は彼女の苦手な凍りつくよに冷たい瓶牛乳だって....平気なふりしてのんであげてたし、そうやって僕は彼女をホントに好きになってしまったし、その気持ちっての、少なからず彼女にだって伝わってたと思う.....だから、そのチョコレート、完全に「ギリ」というわけでもなかったろうなと.....「想いに応えられなくてごめんね」と「小さなありがとう」の印だったのかもしれない、添えられてた小さなカードに、そんなことがしたためられてたと思う。

小さな四角い箱には、小さな四角いチョコレートが10個ほど。

それから自分の公立高校入試まで、なんとはなしに験を担ぎながら、ひとつ、またひとつと.....僕はひとり、誰にも知られないようにそれをたべた。そうすることで.....またちょっとした験でも担いでたのかもしれない.....最後の1コは、もちろん入試当日

nextpage >>


ご予約やお問い合わせ、一番早いのはお電話!0422-45-3331


お問い合わせ、ご感想などはメールでどうぞ。info@little-star.ws