January 20, 2009

2008年を語るとき、まずフカザワの言葉が必要だった。

今年初ヨタバナシ....というか、だいたい年末にその年を締める話を書くのが恒例だったんですが、昨年はやっぱり....営業最終日のフカザワの突然の卒業告知、それにまつわるあれこれを書かざるを得ないと、そうなった時....やっぱり僕の口からというよりは、彼女の言葉がまずは必要な気がしましたし、その上で、僕や店長ミヤザキ、そしてお店の物語として、なにか僕に語れることもあるだろうなと。

なので、まずは彼女の言葉から。

今回はとても長くなりますので、覚悟してお読みくださいね(苦笑)

それではフカザワよろしくお願いします。


昨年12月いっぱいでリトル・スター・レストランを離れたフカザワです。初めましての人も、お久しぶりの人も、こんにちは。今まで、どうもありがとうございました。今回、私のわがままで、ヒデキくんや清水さんの時のような「祭」をしなかったり、公表するのも最終日にとお願いしました。ご挨拶もできない人もいて、申し訳ありませんでした。それでも最終日、12月28日にはたくさんのお客さまがかけつけてくれて、とてもうれしかったです。本当にありがとうございました。私は相変わらず風邪もひかずに元気です。
リトル・スター・レストランを始めてから4年半強。まだ5年も経っていないのか、という思いです。もっともっと長いような気がして、それだけ、この4年半は毎日毎日がすごく濃いものでした。
一緒にお店をやらないかと誘われたとき、あまり迷わなかったのは、当時の自分の状況から逃げ出したかった気持ちが半分、そして単純におもしろそうだったというのが半分。店長やおかやんとは、単に友達というだけでなく、(趣味とはいえ)同人雑誌『さはん』という一つのものを作り上げる作業を一緒にしてきた仲間だったので、どこか大丈夫という気持ちがあったからだと思います。本当に迷ったのは、オープン直前。飲食店の仕事経験がまったくない私は、結局練習も何もないままに、準備もぎりぎりの状態で、オープンの日を迎えることになりました。私、大丈夫なんだろうか、この選択で間違っていなかったのだろうか、そう考えました。不安・・・。けれど、もう選んでしまったものは仕方ありません。これが自分に向いている仕事か、自分がしたいことなのかわからない。でも、だめだったらやり直せばいい。そう思った30歳の初夏に、リトル・スター・レストランがスタートしました。
そして今、私はやり直そうとしています。お店がだめだったわけではありません。自分がだめになりそうだったのです。お店を辞めた後どうしよう。もともと会社員でしたし、事務作業は得意で経理もできるので、パートでも何でも、使ってもらえるならお勤めしようかなぁとぼんやり考えていました。でも、やっぱりお菓子作りは何らかの形で続けられないだろうかとも思いました。
まじめだけがとりえの私は、やると決めたらちゃんとしないと気が済まない。お客さまが増えるに連れ、仕事もどんどん増え、それでも要領が悪くて手を抜けず、どうにもこう

nextpage >>


ご予約やお問い合わせ、一番早いのはお電話!0422-45-3331


お問い合わせ、ご感想などはメールでどうぞ。info@little-star.ws