当店名物店員okayanプレゼンツ「ヨタバナシ」。日々のこと、お店のこと、ワタクシのこと、あんなこと、こんなこと、ちょこちょこ書いてます。

June 10, 2008

Drifter〜4周年に寄せて。
[ オミセバナシ ]

Layout08
えー、4周年の6月1日から早1週間が過ぎ、えぇ、少しは落ち着いてきております当店であはりますが、ホントに当日そして先週と、たくさんのお客さんにご来店いただき、そしてお祝いのお言葉やプレゼントをいただいたり.....なんだかこの1年がんばってお店を続けて来れてよかったなと、そしてまた5年目もがんばっていきたいと.....つくづくそう思える日々、それはこの1年の僕らのがんばりに対する、みなさんからのちょっとしたごほうびみたいでほんとうにうれしい1週間でありました。ご来店いただいたお客さん、本当にありがとうございました。

その4周年、すでに恒例となっておりますスタッフ総出のTシャツパネル展もお楽しみいただいておりますが、今年は店内ちょっと変わっておりますね.....そう、オープンしてはじめて座席のレイアウトを変えてみました。
お客さんには概ね好評なんではないかなと思うんですが.....スタッフ的にはまだちょっと配置に慣れないというか、空間把握がまだ甘いというか.....動線の確保とか、お客さんをご案内する時の優先順位とか.....あれこれ考え、修正しなくちゃならない点はちょこちょこあったりするんですが、ま、それでもなかなかいいレイアウト変更だったんじゃないかなと思っていますし、ここまでずっと前のレイアウトを検証しつつ.....座席数を変えずにレイアウト変更....ようやく納得いく次のアイディアが出たというわけです....4年もかった(苦笑)。

なにもわからないまんまの飲食店素人がお店を始めた4年前、オープンの前もオープンしてからも.....とにかくいろんな人がいろんなコトをアドバイスして下さいました.....うーん、アドバイスと言うより、思ったことをあれこれと思いつくままというか(笑)。

メニューのラインナップに、味つけの好み、あのお酒を入れてほしいとか、BGMはヨーロピアンジャズがいいとか、音が反響しやすいので天井に布をたらしたりした方がいいとか、ボトルキープをやった方がいいとか、お酒やデザートを持ち込みたいとか、イスが固いとか低いとか、もっとゆったり座りたいとか終日禁煙とか分煙とか禁煙タイムの撤廃とか.....そもそも三鷹でお店やるのは厳しいよとか(苦笑)。

とにかくありとあらゆることを言われたような気がします(笑)。

でも.....例えばトンカツソースの代わりにウスターソースを付けてもらいたいとか、そんなすぐに対応出来ること以外は.....ほとんどそのご要望に応えられずに来たように思います.....というか、

一見小さなコトのように思えても、
そのご要望というのが....
うちのお店のあり方そのものに関するものだったりするからです。

お店の座席のレイアウトも....例えばそのひとつだったりするのです.....テーブルをひとつ無くす、座席をひとつ減らす.....それは回り回って.....結局は単価に跳ね返ってしまう.....すぐに対応出来ることではなかったのです。

そんなご意見やご要望を伺いながら.....お客さんの入りも、もちろん売上も厳しく、そんな僕らのやり方が....あまりに素人ゆえ、まったく見当違いなんではないかと、時にぐらぐら揺らぐこともありました.....手っ取り早くクーポンとかポイントカードとか入れたらいいじゃない?....そんなご意見も伺いつつ......でも応えられない。それは僕らのやり方ではないと、そう信じたかったから......そんな時BGMに入れてたある曲の歌詞がいつも胸にひっかかってきました。

いろんな人がいて いろんなことを言うよ
「お金がすべてだぜ」と言い切れたならきっと迷いも失せる
「Drifter」キリンジ

お金がすべて.....そう言い切れたら、確かに迷いなんか吹っ切れるよなと。
理想と現実......お金にならない状況がずっと続いていく中で.....いろんな人がいろんなことを言い.....確かに...逆に「お金がすべて」と言い切れたなら.....迷うこともないだろうと。それでも....だからこそ僕らは僕らのやり方、僕らが正しいと信じるやり方で、お金もきちんと得ようとしていました。そのやり方でなんとかやっていけるようになるのが先か、お金が底をついてしまうのか.....

幸いにしてそんな僕らのやり方でも、この4年でたくさんのお客さんにご来店いただけるようになりました......そして、お金だけでなく.....というか、お金以上に....とてもいい気持ちを持ち寄って下さるお客さんがホントにたくさんいらっしゃいます。

混んでいて狭いお席にしかお通しできなくても、早々と日替わりメニューがかたっぱしから売り切れてしまっていても....気持ちよくご了承いただけたり、小さなお子さんがいらっしゃるので....といつものお煙草を控えて下さったり、小さなお子さん連れのお客さんは....お子さんがむずかったりすると抱いてお店から一度出てあやして下さったり、携帯電話も外でご利用の方が多いですし、お食事のお済みのお客さん....新しいお客さんがご来店の時、さっとお席を譲っていただいたり.....先日の宴会はちょっとさわぎすぎて申し訳ありませんでしたと、わざわざ謝って下さる方がいらっしゃったり.....

そんなみなさんのご厚意に支えられて迎えた4周年だったんじゃないかなと思います。

確かに時々???ってなお客さんも、中にはいらっしゃいますし、ホントにごくまれにご注意申し上げることもありますが.....でも出来たらそんなこともしたくないわけでありますし、出来るだけこれからもあれこれ規則を決め制限するのではなく、みなさんのそんなあたたかいお気持ちとご厚意に期待したいと.....でもそれは、

甘えやきれいごとに過ぎないのかな。

....それはそうかもしれないけど。

ところで、

「最近はオープンの頃のようなのんびり感がなくなって残念です。」

時々そんな声をお伺いすることがあります(笑)。
でも.....申し訳ありませんが、それだけは絶対にお応え出来ないというか、お応えしたくないというか.....もしお応え出来るようだったら、

うちはそろそろあぶないぞと(苦笑)。

決して僕らはそれを....うちがダメになっていくことを望んではないと(笑)。

小さな帆と、小さなオール、
風と波はまったく思い通りになるはずもなく、
でも僕らはここまで流れてきた。
この先まだまだ見当も付かないけれど、
沈まない限り、僕らの信じるやり方で、
それでも確かに流れていこうと思います。

4周年、本当にありがとうございました。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

July 4, 2008

たまごの中につまってるものは。
[ オミセバナシ ]

とにかく気になっていたのであります.....たまご(笑)。

そう先日.....夕方いつもお目にかかる小学生が持ってたたまご.....学校の鶏が産んだというその小さな薄茶色のたまご......すぐに翌朝の目玉焼きになると思いきや....

そだてるの!

と宣言した、その小学生......あぁ、昨日の夕方はお目にかかっておりませんが、さて、あのたまごはどうなったんだろうと.....気になる気になる.....今日も.....まだ帰ってこないですねー、どうしちゃったんだろうと、その時僕は....あの翌日からすぐたまごを抱いて温め続けている彼(もちろん学校は休んでいる)をすみやかに想像したわけでありますが....えぇ、ビルの1階おもちゃのふぢやさんに....彼、今日まだ帰って来てないですよねー.....そうだねー、いつも声かけてくれるのにねー....もう帰っちゃってるのかなーと......ま、仕方ないかと.....ワタクシ力を落としながらお店に戻ろうとしたその時.....帰ってきたよ!とふぢやさん(笑)

おかえり。

ねぇねぇ、今日は訊きたいことがあるんだよ......この間のたまご、たまご持ってたじゃん?あれどうした?たべちゃった???

ううん。

じゃ、どうしたの?

そだててる。

!(ガーン)......ど、どうやって?

マフラーに.....くるめてる。

!(ガーン)

実は前回あの後....ワタクシインターネットでたまごをひと肌で孵すというかんじの内容を検索したんですよ.....でもね、鳥の体温というのは人間より高いので......人が温めても孵化しない(だったら僕が子供の頃に読んだ漫画はなんだったんだ???).....でも、こうなりゃちゃんと教えてあげなくちゃ!

あのね....マフラーだけだときっと孵らないよ.....鳥の体はね、人より温かいから、もう少し温めなくちゃいけないよ.....お母さんに相談してみるといいよ.....ね、

じゃあ....がんばって!

うん!

たたた〜っと、マンションに帰っていく彼を見送りながら.....ちょっと、余計なこと、教えちゃったかなーと、すると、ふぢやさん....いいんですよ、失敗しても成功しても、それをやってみることが大事なの、こどもは。

そうだよね。

僕もこどもの頃は....田舎のこどもがやることは.....わりとありとあらゆることをやって来たような気もしますけど......自分達でがんばってやる分には、両親はほとんどなんでもやらせてくれたし、時には積極的に手伝ってくれたり、いっしょにやってくれたりした.....

幸せなこども時代だったんだろうな。

だから......彼のそのたまごも、きっと孵る。

中につまっているのが......たとえそれがひよこじゃなくても。

がんばって!
夏のこども達。

.....そして大人達!(笑)

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

September 17, 2008

書き文字のすすめ。
[ オミセバナシ ]

今日のランチが終わって.....いつもどおり下の黒板を書き替えに下りるわけですが....えーっと今日の日替わりデザートは「自家製ヨーグルトムース」....の自家製バナナジャム添え.....って、このバナナジャムが評判いいんだよねーと、調子よくチョークを走らせておりますと....ん?....背後に気配を感じます。

ちょっと品のいいかんじの、ご年配のご婦人がそこに立っておられました。

どうも....ってかんじで、ちょっと会釈をして、黒板書きを続けます......続きまして、日替わりパウンドケーキは紅茶の....

とてもお上手ですね。

と、そのご婦人が声をかけて下さいました。なんでも.....文字に関するお仕事、資格をお持ちということで、僕が書いているその書き文字をとても気に入って下さったということでした。

といっても、ワタクシ....別にそんな文字に関する資格....習字とか日ペンのミコちゃんとかだってやってたことはなく、普通に上手な文字に憧れはしましたが.....でも個人的には.....決して字が上手な子供ではなかったと思いますし、今でも.....ま、それなりにそれっぽくはありますけど、ちゃんと出来る人にとっては、ちゃんちゃらおかしいヘナチョコ文字だったりするんだろうし(苦笑)。

デザインの仕事をしてた時.....個人的にいつも頭を悩ませてたのが、配色と書体の選択.....これだけピタッとはまれば、あとは勝ったも同然......くらい重要なんですけど、すごい選択肢が多すぎてどれ選んでいいかわからないわけです.....もうここは完全にセンスが問われるところ(苦笑....今でも自信はありません)。
しかし....ここで手書き文字やレタリングを出すと.....いっぺんに、どうやっても自分らしい、自分の色の濃いデザインになります.....が、個人の色を濃く出すことは....その頃の僕のようなフリーランスのデザイナーにはあまり必要なことではありませんでした.....あくまで、クライアントの伝えたい内容をきちんと伝えるためのデザインである時.....自分らしい書き文字は、かえってやりすぎなかんじがしました。

なので.....3回くらいしかやったことがないかも、書き文字(苦笑....修正がしにくいのもネックでしたね)。

今こうしてお店をやって、毎月新聞やホームページ、もちろんお店の日替わりメニューと、ワタクシの書き文字が大活躍ですけど、えぇ、それは.....クライアントのやりたいこと自体が....もちろん僕らがやりたいことでありますし、それを伝えるには.....苦手な書体選びで時間や頭を使うよりも、えいやと書いた方が速くてしかも自分たちらしい....らしさが伝わるわけです。

もうそれは圧倒的に伝わる。

文字の並びによって、点を打つ位置とか、払いの長さとか、比較的大袈裟に....視覚的におもしろいか.....もちろん文字としての可読性が高いことも大事.....漢字や平仮名は元々象形文字だから....つまり形を表しているわけで、絵を描くように字を書いているところがあります。文字の意味だけでなく、見た目.....のリズム感、書く時のライブ感というか、なんというか....個人的には「茗荷」とか「茄子」とかすごい書くのが好きなんですけどね(笑)。

ワープロからパソコンになって、それぞれお店が自分のところでちょっとした広告とか作ったりされますけど、いつも普通の太いゴシック体の書体で、なんとなく仰々しいかんじのものばかりお見かけしたりします.....手で書かれた方がいいのになと.....下手でも一生懸命作った方がいいのになと.....理屈じゃなくて、ぱっと見....そこからなんとはなしのいいかんじが伝わることもあるし、逆に....ある種のかんじの悪さが伝わる場合もあります.....これはもうホントに逆効果なわけですね。

というわけで.....ただいまスタッフ募集中の当店(笑)、募集の詳細が書いてある用紙も.....手書きで書かれてますよ.....実は手書きで書いて、スキャナでMacに取り込んで、それからレイアウトする....意外と手間がかかっているんですが.....やっぱりこれが「打ち文字」なのとでは全然印象が違いますよね......それによって、結局応募して下さる方も違うんではないかなと思います。

そのくらい、伝わるものが違うと思いますね。

そして伝わるのは、きっと内容だけではなくて、
その....姿勢なんだろうなと。
きっとあのご婦人も....そうゆうものにふと気を留められたんではないかなと思います。

毎月新聞の最新号をひとつとって、お渡しする。
是非一度お伺いしますね.....三階ですからね!とご挨拶してお見送り。

なにかを伝えようとする時、
えぇ.....面倒くさがらずにね、
やっぱりそのくらいの手間は惜しまないようにしないと。

うちのキッチンスタッフ......あんなに丁寧に作られたごはんに申し訳ないなと(苦笑)。

えぇ、これからも書きまくります、きっと(笑)。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

October 5, 2008

熊本よりの使者。
[ オミセバナシ ]

昨日土曜日のランチ、開店からのわっとした忙しさが落ち着いた頃、がらりとご来店いただいたお客さん.....若い男性とそのご両親、そんなかんじの3名様でありまして、すみやかにキッチン近くの四角い卓にご案内いたしました。

瓶ビールのオーダーが入りましたので、ドリンカー係のワタクシokayanが......今日のランチ、ビールははじめてのオーダーだ!と、ちょっとうきうきしながら(自分がのむわけでもないのに)お持ちしまして、えぇ、いつものように.....いや、いいお天気、この昼間っからビール、またヨロコばしからずやでございますね!.....なんて調子に乗ってお声をかけさせていただきますと、みなさんにっこり和やかに笑って下さって.....いや、田舎から上京してきたんですよ......と仰いました。

田舎というとどちらなんですか?......熊本です。

あぁ、熊本ですか.....うちの店長ミヤザキの母、当店永世料理長のミヤザキヨウコも出身が熊本なんですよ.....それで、この度はまたなんでご上京を?みなさん熊本から?.....そうです、いや、これ(息子さん)の彼女のご両親とご挨拶することになって.....って、そうですか!そりゃおめでたいですねー、やるねー!(笑)

とその息子さん....いや、前に(東京にいた頃に)何度かこのお店に来たことがあって....食事もなんですが....内装とかすごく好きなんですけど、実は....その彼女とも来たことがあって......(うちの)お店で....

泣かせちゃったこともあるんです(苦笑)。

な、なんと!(苦笑)
女泣かせ!(笑)

その時....まぁ、きっと泣いたと言っても、そんなに大袈裟なものではなかったんでしょうし.....幸いなことにお店は夜で忙しかったらしくて、もしかしたら忙しさゆえ、気がつかなかったのかもしれません(過去に何度かそうゆうこともあったようには記憶してますが、どのお客さんとか、全然覚えてません)。ま、たとえ気がついたとしても.....僕らもなるべくそっとしておりますので、えぇ、そうゆう時はね、ご心配なく(笑)。

でも....きっと学生を卒業されて、地元の熊本に戻ったあとも、お二人の交際は絶えることなく......たぶんますます強い絆、強い愛を育まれたのでありましょう、この度めでたく.....ま、ひとまずはご両親ご対面と相成ったわけでありますね、えぇ、ホントにヨカッタですね。

いや、でも今回の上京、どうしてもこちらのお店に来たかったんですよ.....それも目的のひとつでした.....と、お母さん。息子さんが帰郷された時、うちの発行している「毎月新聞 ごはん」を捨てずにわざわざお持ち帰りいただき、それを熟読されたお母さん....いつか是非行ってみたいものだと思って下さったそうです。お食事もおいしかったわと、また、お父さんには昔ずいぶんと泣かされたんでしょう?なんて、女泣かせネタでちょこちょこツッコミも入れつつ、まことに楽しいお昼時.....ワタクシが!(笑)

あぁ、うれしいな。

若いすてきなカップルと、そしてそれをあたたかく見守るご両親......それにほんの少しでも関わらせていただけた、この小さなお店の僕ら.....本当にそんないいところに僕らを置いていただいて.....ずいぶんと遠い熊本で.....すでに置いて頂けてたということ。東京に飲食店は数あれど、うちを目がけてずんずんやってきて下さったこと。

それがなによりうれしいです。

さぁ、それではいよいよ出陣ですねと、がんばって下さいね......いや、飲み過ぎには注意ですよ!なんて、朗らかな気持ちでお見送りさせていただきました。

またいつか、あの夜泣かせた彼女といっしょに、幸せな笑顔でご来店、リベンジいただけるのを.....その「いつか」が来るのをココロから楽しみにしておりますね。

本当にどうもありがとうございました。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

October 14, 2008

ツイてる男。
[ オミセバナシ ]

10月ですなーと、その10月も2週間がすでに経ち、そろそろ折り返しなわけでありますが、えぇ、10月ですよ、例年通り.....のんびりですよね、ハイ(苦笑)。いやね、昨年の10月頭.....9月の店長ミヤザキとワタクシokayanの結婚披露会「月と太陽」からヒデキの卒業「ヒデキ祭」と.....大きなイベント、節目を終え、新体制で迎えた10月......お店はスッカラカンにヒマだったことを思い出しますね。

そう、今年も9月末でガヮちゃんが卒業.....たった1ヶ月のアルバイト期間を経て、はまこがレギュラーキッチンスタッフ、新体制になった今月.....最初の週は、ホントにヒマでした(苦笑)。ホントにヒマでヒマで.....ある意味オープン当初を思い出させるほどでありまして.....ちょっとこれは今までになく僕らもがっくりとしたりしたわけであります。

あの頃....オーナー4人がなんとかやっていければよかったけど、今は.....パートタイムのスタッフをあわせれば10名近く....うーん、これはヤバイですよ、今年いっぱい.....なんとか....とか言ってる場合ではなくて、えぇ、来月早々にだってあぶないですよと(苦笑).....えぇ、苦笑いなんかしている場合ではないわけでありますね。

平日ならまだしも....金曜日も、そして土曜日も.....いつもの平日並み....それ以下くらいの集客と売上......あぁ、ヒマなのはわかっていても、それでもこれはあまりに.....予想を遙かに上回るヒマさ加減ですよ......いいニュースもなく、気持ちが上向くネタもない....

そんな....10月最初の週末、日曜日の夕暮れ時。
外は雨降り.....いい条件なんてやっぱり何もない.....むしろ、ヒマな条件が揃いまくっているわけでありまして。

下の黒板を書きに行ったワタクシ、そこで開き直って、単純にこう思うことにしました。

今日の俺はツイてる男。
日本で一番ツキまくっている男。

すごい単純で、たわいもないおまじない。

でもね、これでね.....黒板を書いている間に....たくさんのお客さんがわらわらと入り始め、あっという間に満席にでもなるくらいでありまして、顔見知りのお客さん、昨日も来て下さったお客さん、そしてはじめてのお客さん.....わいわいにぎやかで、ソコヌケに楽しい日曜日の夜......あぁ、これなんだよなと。このたのしさが、この仕事の醍醐味なんだよな.....

客席から客席へ、まるで踊るみたいに楽しくおしゃべりをして、接客をして、そのとき売上のことなんかちっとも考えてないものねぇ。

考えてるのは.....お客さんがヨロコぶことだけだもんね。

でね、それでね。
それで気をよくしたワタクシ(苦笑....単純)、次の週(先週)もこのおまじないを毎日唱えることにしました.....今日も俺はツイている男....ってね(笑)。それでお客さんがたくさん来てくれることばかりでなくても(当たり前)、でも.....来て下さったお客さんにはかなりいい接客をさせていただくことが出来たし、そして.....懸案のメニューのページもどんどんはかどった。

だって.....ツイてるんだから、お客さんが来なくたって、ツイてるんだからどんどん仕事しなくちゃ....って。

いいモチベーション。
グッドバイブレーション。

ワタクシ、オーナーでホール係で....でも不安でどこかしらくらい顔して仕事してるより、いつもいい笑顔でいた方がいいでしょう?ね?当たり前ですけど。

それが少しずつでもまわりを明るくしてくれればいいんだよと。
そんな当たり前のことに、また改めて気がつけたこと。

なので、えぇ、お店がのんびりヒマでも、今日もはりきってまいりますよ....えぇ、なんたって、ワタクシ、本日も....

日本で一番ツキまくっている男でありますからね(笑)。

おあとがよろしいようで(笑)。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

October 24, 2008

常日頃の感謝を込めまして。
[ オミセバナシ ]

さっき「ウラ★スタ」にアップしたんですけど、えぇ、ワタクシお昼のエントリで....「あー、あとで靴下買いに行こうかな?(苦笑)」なんて書いてしまいまして、それを見たおなじみのお客さんが....わざわざ靴下を買ってプレゼントしてくださいました.....しかも店長ミヤザキとワタクシとひとつずつ。

.....いや、いいんですかね?
そんなことしもらって。

きっと....スコーンをテイクアウトでお買い求めいただいたのも....ご来店の口実に過ぎなかったんだろうなと、またそれを思うと、ますますありがたいなと、そうしていただけるだけのことを僕らはきちんとやれてるんだろうかと、ちょっと疑問にさえ思うけれど....

本当にありがとうございました。

うちは贔屓する店ですよと....お店ではおなじみのお客さんにそんな軽口を叩くこともしばしばではありますが(笑)、だからといって.....なにか一品サービスしたり.....お席とか特に便宜を図ったりは、基本的にはナシなお店です。おなじみのお客さんにはおなじみのお客さんとしてのちゃんとした接客サービス....僕らにとって好きなお客さんが気持ちのいい時間が過ごせるようにと、気を配るくらいで.....お客さんにとって具体的に得なことがあるわけでもありません。かえって....顔なじみなだけに、ちょっとしたお願いをするようなこともないわけでもなく.....えぇ、全然得なんかないように思われるわけです。

でもねー。
いつもホントによくしていただいてます。

おみやげや差し入れをいただくことは.....これまた「ウラ★スタ」でおなじみでありますけど、あんまりありすぎてですね、最近は全部が全部は載せきれないくらいで.....先週もラストオーダーになって、下の黒板を書き替えに下りた午後11時.....久しぶりにおなじみのお客さんにお目にかかって、こんばんわ....とご挨拶をさせていただくやいなや、これ.....と、大きくて立派なりんごをいくつもいただきました.....そういえばこのお客さんは青森出身....本場からきっと直送されたであろう香り立つようなりんご、まるで僕に会うのを予測してたように、ぱっと差し出してくださった.....ホントにいいんでしょうか、いただいちゃって。

先日のF1日本GPを観戦に行かれたお客さんからは、おみやげのクッキーを、いつもひとりでランチにご来店の....まだ若い男性のお客さんは、出張のおみやげでしょうか?有名なロールケーキを、そしてHさんご夫婦の愛娘、あすかちゃんには.....個人的に小さなみかんだっていただきました....って、書いても書いても書ききれないような気もします。

でも、なにより一番うれしいのは、
そうしようと思ってくださる、その気持ち、お心遣いであります。

秋で、ヒマで、ちょっと凹んだりもするけれど.....そんなことを想えば、まだまだ僕らはがんばってやってけるなと、せめて.....いつもよくしていただいている、その気持ちに応えられるような、いいお店をこれからも作って行かなくちゃならないなと.....そうやって、誰かによくしてもらっているということが、どんなに僕らを力づけてくれるか.....静かに力が湧いてくるようであります。

そして.....でも、えぇ、あんまりお気遣いなきよう(笑)。
お気持ちだけで.....ホントに十分でありますからね。

さ、がんばろう。
がんばるよ、
がんばれるよ。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

November 27, 2008

30%。
[ オミセバナシ ]

まだ僕がグラフィックデザインの仕事をしてた時.....しかもはじめたばかりの頃、その頃僕に仕事をくれていた広告代理店勤務のミヤザキ(現当店店長でワタクシのツレアイ)が、僕の作ったデザイン案を持って、打ち合わせに行き.....そして直しが入ったりするわけですが......

ここ、もう少し大きくして。

タイトルとかメインの写真などを大きくする.....そうゆう修正というのは、まぁ当たり前によくある話なんですけど.....一応持って行ってもらった時点で、きちんとバランスよくレイアウトされているその中の一部を......ほんのちょっと大きくするくらいでお茶を濁せるなら楽なんですけど.....って、ちょっとだけ大きくしてミヤザキに見せてみますと...

大きくなってる?
最低30%は大きくなってないと、
ぱっと見わかんないよ。

ということで、ま、仕方ないと(苦笑)、単純に130%に拡大してみますと....やっぱりお茶が濁せるバランスではなく....またあーだこーだとデザインの調整をする....ちょっと面倒くさい(苦笑)。でもそんなことが何度かあって、僕の中に刻まれたのが、この30%という数字。

お店をやっている中で、やっぱりこの30%のことをよく考えます。

例えばホール係。
例えばとてもきれいなオンナノコ....美人だし、かんじもいい.....でも、ふつうの顔をしてる時、誰かと顔を合わせてるわけでもなく、誰からも自分が見られてない(と思っている)、ある意味全然緊張感がない時......いくらかんじがよくて美人であってさえも.....

なんか、かんじ悪いんですよね(苦笑)。

.....逆に美人でかんじよければなおさら。
だから.....お店がヒマでほとんど接客なんかする機会がないようなときもホール係は......でも意識して30%くらい笑顔でいる様にしてくださいと.....30%くらい笑顔増量でいても.....ふつうにかんじいい店員くらいにしか見えないんですね(笑)。

ホール係は笑顔30%増量でも
ふつうにしか見えない。

えぇ、ホール係にとって、これ、ものすごい大事です(笑)。
そしてこれがものすごい上手にできたのが、この春寿退社した清水さん。ホント素晴らしかったです.....どんなにヒマな時でも、いつも笑顔でいてくれましたからね、彼女は。

そして.....もうひとつ言うと....30%くらい増量しないと.....やっぱりまわりからはその変化に気づかれないことが多いですね....自分はがんばって(どんどん成長して)いるつもりなのに、なかなかまわりがそのがんばりを解ってくれない.....って思っている方もいらっしゃると思いますが.....それは単純に言うと、

まだ30%までは増量してない。(残念)

ということなんじゃないでしょうかね?
冒頭で書いたデザインの話じゃないですけど、ホントに30%増量すると.....まわりはそれを無視できないんですよね、その変化を。そして.....仕事ができる、クオリティが高い人になればなるほど、30%の増量は.....変化が大きい、高いハードルと言うことになるわけですね。

夏の終わりにレギュラーキッチンスタッフとしてうちに加わってくれたはま子.....ほとんど素人さんという彼女ですから、えぇ、最初はまるでなんにもできないわけで(笑....当たり前です)、でも少しできるようになると.......すぐに30%をクリアするんですね。そしてまた130%になったはま子が、次の30%増量をクリアし、またさらに30%を加えていく.....だからはま子の成長は本人にもまわりにもすごいわかりやすい。
でも.....1年前、同じ様にほとんど素人さんで加入したくろちゃんは......やっぱり1年分の積み重ね、そりゃはま子に比べたら、ものすごく仕事ができるわけで.....でもその分、かなりがんばらないことには30%増量できない......そしてまわりもその成長に気づけない。

だから....ちょっとしんどいね(苦笑....でもがんばれ!)。

ま、でもそれは個人個人に限らず、お店そのものにも当てはまりますよね。
オープンした頃の、僕ら素人さんのお店が、少しずつ.....きちんとした仕事ができる様になるのは早かったかもしれません.....でも、そこからホントにみなさんに認めていただける様ないいお店になっていくのは......やっぱり本当に難しい。

いや単純に売上を30%上げるのも至難の業!(苦笑)

それでも.....いや、そんなところで腐ったりしないで、いつもいつも......そうやって自分が変わっていくことで、カクジツにまわりも変わるし、みんながみんなそうやって変わっていけば.....ね?

プラス30%を意識していくこと。

僕にとっての、ひとつの糧であり、そして....おまじないの様なものであります、えぇ、30%。

よろしかったら、みなさんも、是非!(笑)

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

December 9, 2008

こどもいるんですか?
[ オミセバナシ, ワタクシゴト ]

さて雨ですねー、すっかりすっぽり冷たい雨。

この雨、今夜から明日も続きそうですね....帰りの自転車、レインウェアは持って来たものの、冷たい雨に濡れて帰るのはちょっと気が滅入りますねー、誰か迎えに来てくんないかなと思っちゃいますよね(苦笑)。

と、えぇ、このお天気ですから僕じゃなくともそう思うものでありまして、さっき下の黒板を書きに下りたら.....当ビル5FのLL教室に通っていると思われます、メガネのオトコノコが......お迎えを待っておりました。あっちに行ったりこっちに来てみたり、ちょっと落ち着きがなく.....ま、でも寒いし雨だし、早く迎えに来てよ〜と気が急きますよね......ということで、さむいねー.....としゃべりかけてしまいました、例のごとく(笑)。
すると.....さむいですね.....もう6時過ぎてますよね?.....そうだね、もう過ぎてるよ......早く迎えが来てくれるといいね.......ハイ.....またちょこちょこと歩き回って......そしておもむろに.....この季節、流星群がよく見えるんです.....へー、そうなんだ!でも今日は雨だからダメだね.....残念だね......なんて話しておりますと、ただいまーと、いつもの「たまごの少年」登場!(笑)。

そういえば、週末お母さんといっしょに自転車に乗って買い物に行かれてたのを目撃しまして(カッコイイヘルメットをかぶってた!)、すかさず彼は僕に手を振ってくれたんですけど(笑)、そんな週末の自転車話から......そろそろクリスマスだねーと、今年はサンタさん、なにをプレゼントしてくれるのかな?......いや、来るとは限らないよ.....え?なんで?......だってお手紙書いてもお返事くれないもん.....そうか(苦笑)、ま、いつもくれるとは限らないよな(再苦笑).....ま、でもさ、またお手紙書いてさ......書けばもしかしたらお返事もプレゼントも持って来てくれるかもしれないじゃん......ね、だから、書いてみた方がいいと思うよ......うん!.....じゃ、うち帰ってあったかくしてお母さんの帰りを待つんですよ〜......バイバイ!

と、そんなかんじでさよならしたら......さっきのメガネのオトコノコが、僕に向かってトートツに.....

あの、こどもいるんですか?

いないよ(苦笑).....どうして?......いや、サンタの話とかしてるから......そうかー、でもいないんだよねー....って、こどもならでわのストレートなカウンターパンチ、えぇ、びっくりするし、やや動揺しますな、えぇ(苦笑)。

しかし、昨日の定休日は今店長ミヤザキ実家にしばらくあずけられております、甥っ子のリュウノスケ君と遊びまくり.....えぇ、こうみえてスパルタな叔父・叔母でございますので、近所の公園で、肩車からジャングルジムに鉄棒.....でも結局一番盛り上がったのが、こんもり積もった落ち葉をわいわい掛け合って、手とか汚れ放題も顧みず.....えぇ、みんな葉っぱだらけ(笑)。落ち葉の中小さな実を見つけて.....宝物を見つけたみたいに大事にしたり.....仕舞いにはお互い名字を呼び捨てで呼び合う仲だ!(笑)

それに.....最近コトバをちょこちょこ覚えはじめたお客さんのお子様にも、ホントにパパやママのその次くらいに「おかやん」を覚えていただいたり(笑)、ディズニーランドに行けば、おかやんに....って、おみやげをねだってくれたり(笑)、お店でタカイタカイをしてあげると、大興奮で僕の名前を絶叫してくださったり(笑)。
店長ミヤザキが、なんでokayanはあんなにこどもに好かれるんだろうねーと.....でも正直言うと、やっぱ自分でもよくわからない(苦笑)。でも.....わりに同じ目線なのかもしれませんね、お父さんやお母さんのお友達の「大人の人」というところじゃない部分で、お付き合いしたいと......いや、知らず知らずにそんなところでお付き合いさせていただいてるのかもしれません。

ありがとうございます(笑)。

ま、でもじゃぁ、それが自分のこどもに対してもできるかは.....えぇ、全然自信なんかないわけでありまして.....って、こんなコト書くと、すわ店長ミヤザキご懐妊???なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、えぇ、違いますよ、えぇ、ホントに(笑)。

たぶんまだしばらくは、きっと、にんげんのこどもはいません。

お店自体が.....僕らのこどもみたいなものですから....えぇ、5歳になろうかってのにまだまだ手がかかるのでありますよ(苦笑)。

....えーこのくらいで、お茶を濁させてくださいね(笑)。

って、実は....12月2日に無事母ちゃんになりましたと、ヨタバナシ大賞にコメントもくれた、昔教育実習に行ってた時の教え子から昨日メールが来ました。

ちいさな赤ちゃんと、小さな母ちゃん。
おめでとう、本当におめでとう。

さて、お祝いはなににしよっかな〜と(笑)!

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

December 13, 2008

立派な青年。
[ オミセバナシ ]

先日の夜.....ある会社の忘年会の宴会がありました。

女性の方はお二人だけ、男性のかたがほとんど.....わりに女性の方の宴会が多いうちにしては、ややめずらしいかんじだったんですが、ご予約くださったのも(幹事さん)男性の方ですし、えぇ、当ホームページの「コースメニュー、宴会、パーティー、貸切のご案内。 」をちゃんとご覧いただいておりまして、しっかり「季節と旬のごちそうコース」でご予約いただきました.....もしかしたら、女性社員の方がうちのホームページを紹介して下さったのかもしれませんね。

平日の夜ですよ。
12月だけど.....そんなには忙しくない(苦笑)。

ちょっとした作業服を着た若手の社員さん、スーツ姿の中堅社員さんに....しっかり貫禄の上司の方まで.....でもみなさんなごやかに、和気あいあいにお食事をお召し上がりいただき.....そしてもちろんフリードリンク!飲み放題!.....えぇ、容赦なくがんがんおのみになられるのも、また頼もしからずやってかんじであります。

そんな社員さんの中に....なんとなく、見覚えのある男性がいらっしゃいました。
やっぱり人違い?.....でもね、まさかね......それにしてもよく似てますねーと、いや、それがあまりにも似ておられましたので、その方がトイレから帰ってくるタイミングを見計らって、ちょっとお声をかけました.....

あの、失礼ですが、以前うちのお店にご来店いただいたことがありますでしょうか?

と、彼.....あ!ってな顔をされ、そしてちょっとはにかむかんじになられまして.....ハイ、前にも来たことがあります.....覚えてるんですか?.....もちろんです!(ヤッタ!.....笑)

そう、そのお客さんは.....ガッチリとしたその体つき、実はお客さんというより......以前うちがゴミの回収をお願いしておりました業者さん......今は回収時間の関係で他の業者を使っているんですが....の回収作業員の一人でした。

だいたいランチが終わる頃に回収をしていただいて、回収しましたのサインを取りに3階まで上がってきて下さっておりましたが......ゴミの回収という.....昔でいえば3Kに属するような仕事であっても、キビキビとした働きぶりに丁寧でかんじのいい作業員......アルバイトの方にフリーター、そして留学生の外国人の方まで......どなたがいらっしゃってもかんじのいい方達ばかりでした......うちのスタッフもすごくいい印象を持っていましたし、実はその清掃業者のみなさんで貸切宴会をして下さったこともありました。

その作業員の方の中でも、ペアではなく、いつも一人で回収にまわっていらっしゃった彼....きっとその中でも仕事ができる人だったんでしょうし、僕もちょこちょこご挨拶もさせていただいておりましたが、あの青いつなぎの作業服、いつも額に汗して働いていらっしゃったあの姿......それが今や、黒の上下のスーツをスマートに着こなして、えぇ、すごく立派になられましたねーと、きっと今の職場でもいい仕事をされているんだろうなと。

いや、自分がこのお店を紹介したわけではないんですけど.....来てみたら、あ!あのお店だ!みたいなかんじで......びっくりしました.....でも、覚えて下さってたのに、一番驚きました。

聞けば今の会社は三鷹ということで.....えぇ、是非またご来店下さいねと、何年かぶりにまたそんなところで再会......この仕事ならでわのうれしい夜になりました。

ありがとうございました。
またお目にかかれるのを楽しみにしております。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

December 26, 2008

クリスマス、ありがとうございました。
[ オミセバナシ ]

と、今日は昨日までのクリスマスディナーのコト、ちょっと書かせてくださいね。書いておかなくちゃ忘れてしまいますし、えぇ、出来たら忘れたくないわけです、この3日間のこと。

3日とも.....それぞれ盛り上がり、そしてみなさんに楽しんでいただけた当店恒例クリスマスディナーでありましたが、まずはメニュー....字面的にはかなり地味だったような気がしますが......いやね、わかりやすくサーロインとかターキーとか....ねぇ?(笑)そうゆうの全然ないもんね(笑)。

とは言いながらも大変ご好評いただいた今回のコースメニュー。中でも....前菜のパナード、そして鯛の昆布締め、じゃがいもと鰯のコンフィが評判がよかったと思います......特に鯛の昆布締めは「時々は日替わりメニューにも出して!」ってリクエストもいただきました(笑)。
いつも....デザートに行き着く頃には....すでに満腹!もうなんにも入らんけんね!みたいになりがちなので、店長ミヤザキ、今年は一品ずつ、少しずつ少なめにしたつもりだったんですけど.....やっぱり今年もおなかいっぱい!(笑).....〆のごはん、炒りうち豆の炊き込みごはんはおみやげお持ち帰りのお客さんもけっこういらっしゃいました。来年は.....さらに少なめで、もっといいものをお出しするのがいいかなーと。

30代はこうゆう....ホントにおいしいものをこうしてお箸で気軽にたべられるのが、ホントにうれしいですし、ごちそうってかんじがしますねーと.....確かに、若い人ががつがつたべると言うよりは......気張らず、ちょっと落ち着いたかんじ.....地味というよりは落ち着いたかんじのコースメニューだったという気がしますね。

フォローありがとうございました(笑)。

おのみものでは.....特にオーストリア産の白ワインが人気、そしてもちろんデザート、フカザワ特製のブッシュ・ド・ノエルも好評でした....ごはんはお持ち帰りでも、あっさりおなかに入ってましたもんね、みなさん(笑).....ありがとうございました。

そして....今年もたくさんのお客さんにご予約いただけるシアワセ。

今年もとてもリピーターが多かったんですけど、えぇ、初回から4年連続のお客さんもいらっしゃいましたし.....中でも......お引っ越しされて三鷹から離れられたお客さん.....実に前回ご来店が昨年のクリスマスディナー(笑)なんてお客さん......奥さんがちょっと足を悪くされてるにもかかわらず、わざわざお越しいただいたり、こちらも1年以上振りのお客さんは......クリスマスディナー発表以前からメールでご予約宣言!この1年の間に......ご結婚、お引っ越し、そしてご懐妊と......ホントにめまぐるしく慌ただしい1年を過ごされ.....でもと埼玉からわざわざこのクリスマスディナーのためだけにご来店いただけるシアワセ、ありがとうございました。
遠く離れても.....こうしてこのページ、インターネットを通じて.....うちのお店との縁を切らずにいてくださること、本当にうれしく思います。

それからそれから。

いつもランチでご来店のおなじみのお客さん、そして.....一度来たことがあるけれど.....満席で入れなかったから、結局初ご来店がクリスマスディナーだったお客さん、今年引っ越してきたんですけど、一番気に入ったお店でクリスマスしたかったんですよねってな今年のフレッシュなお客さん、いつもやわらかい物腰でよくして下さるご年配のご夫婦のお客さんは.....なんと結婚30周年の記念にいらっしゃいました!......しかもクリスマスイブ!30年前、クリスマスイブにご結婚って、ちょっとステキですよね!

.....と、そんなクリスマスディナーを楽しまれるお客さんを横目に見つつ....ふつうにご来店のお客さんも.....おいしそうですねー、いやおいしいですよー....ってな会話から.....来年は必ず予約するから、メールで教えて!(笑)みたいなお客さんもいらっしゃいました.....えぇ、もちろんその時にはメール差し上げますね(笑)。

そしてなにより.....今年はキッチンもホールも、そしてワタクシ個人も.....そんなにテンパッたりしなかった、チームワークがよかったことも、ここに書かせておいて下さい.....ホールは特に2年目のまあこが完全に仕切ってくれて、ホント助かったし、ものすごいいい仕事してくれました。どうもありがとう>まあこ。

そんなみなさん......ご予約いただいた方も、ふつうにご来店いただいた方も.....みなさんのおかげで、僕らがとてもいいクリスマスを迎えられたこと、本当にありがとうございました。差し入れやプレゼントをいただいたお客さんも多くいらっしゃいまして、ホントに恐縮至極....でも、こんなうれしいこともありませんよ、この世知辛い年の瀬。

ちょっと気が早いですけど、来年もまたこんなクリスマスが過ごせたらいいなと、えぇ、またのご予約、ご来店、よろしくお願いします。

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

January 20, 2009

2008年を語るとき、まずフカザワの言葉が必要だった。

今年初ヨタバナシ....というか、だいたい年末にその年を締める話を書くのが恒例だったんですが、昨年はやっぱり....営業最終日のフカザワの突然の卒業告知、それにまつわるあれこれを書かざるを得ないと、そうなった時....やっぱり僕の口からというよりは、彼女の言葉がまずは必要な気がしましたし、その上で、僕や店長ミヤザキ、そしてお店の物語として、なにか僕に語れることもあるだろうなと。

なので、まずは彼女の言葉から。

今回はとても長くなりますので、覚悟してお読みくださいね(苦笑)

それではフカザワよろしくお願いします。

more
 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。

<< 前のページ 12