当店名物店員okayanプレゼンツ「ヨタバナシ」。日々のこと、お店のこと、ワタクシのこと、あんなこと、こんなこと、ちょこちょこ書いてます。

あなたが選ぶ!ヨタ話大賞!2004〜2005、開催!

いやぁ、今年もいよいよヨタ話大賞の季節となりましたね(笑)。 というか、毎年お盆恒例にしてもいいかなと思っているんですが、どうだろ(笑)。
本サイトオープンから、なにかしら毎日コツコツと書き続けてきた、数々のヨタ話の中から、初の栄冠、王座に輝くエントリはどの話なんでしょうかね?まぁ、どちらにしても受賞するのはワタクシ、okayanなわけですけどね(笑)。

ノミネートは本サイトオープンの去年の7月から今年の6月までの作品の中からえらびました。その中からあなたの気に入った作品を3つ(まで)選んでタイトルに「ヨタ話大賞」と記入して、info@little-star.wsまでメールでご応募下さい。
選外でもどうしても思い入れがあるヨタ話がありましたら、エントリのタイトル、もしくは日付や時間を添えてご応募いただいても結構です....っていうか、なんでもいいです(笑)。
また、思い入れがあれば、各エントリに対するコメントを頂けるととてもうれしいです。うちのBlogにはコメントがつけられないようになってますので、この機会にぜひ!また大賞発表の際、いただいたコメントも含めてご紹介できたらなと思っております。ご了承いただければ幸いです。

応募期間は本日8月13日(土)〜31日(水)です。
(すでに募集は締め切られております。ご了承ください。)

また、ご応募いただいた方の中から抽選で5名様に、当店オープン記念に作った、そしていつもスタッフがあたまにしている「オリジナル手ぬぐい」とこのためにとっておいた「オープン一周年記念缶バッチ」、そして先日出来上がってきた新しいショップカード、レギュラーと、お店でしか配布していないこの夏限定カードの2点をプレゼントいたします。 ご近所の方も、遠くにお住まいでなかなかご来店いただけない方も、ぜひぜひふるってご参加下さいね(あんまり応募なさそうだから、結構狙い目かも.....苦笑)。

ということで、栄えあるノミネート作品はこちら!


01.手をあわせる。

July 09, 2004

オープン間もない、まだまだ緊張気味の僕を、少しやさしいきもちにさせてくれたお客さん。このころはまだ小さな話でしたね(笑)。

02.ビラくばり。

July 15, 2004

思うようにお客さんがいらっしゃらないのは、オープンしたばかりだから仕方がない。仕方がないから、ビラ配り。あぁ、ツラかったですね(苦笑)。でもそのおかげでとてもいいお客さんが来て下さったのも、また事実。

03.月あかり

August 01, 2004

閉店して、片付けして、お店を出るのは午後2時半。毎日16時間労働の毎日。ホントにふらふらになりながら、自転車で帰宅途中、月がとてもとてもきれいだったのです。

04.ちょうど6年前。

September 19, 2004

すべてはそこからはじまった。ヨタ話史上もっとも反響をいただきました。大賞候補筆頭でしょうね、きっと(笑)。誰にもそんな話のひとつくらい、あるよね???

05.スポックの話。

October 05, 2004

午後ののんびりした時間に突然かかってきた電話。スポックとはなんぞや?そしてその結末は!その2その3と続きましたね(笑)。

06.ファンメールをいただいた。

November 12, 2004

オープンからしばらくたって、たくさんのお客さんによくしていただいているのはとてもよくわかっていました。でも、ストレートにそれを伝えてもらえる。それは僕を小躍りさせるくらいうれしかったし、なかなか思うようにならない当時の僕等の力になりました。

07.クリスマス会の思い出。

December 25, 2004

子供の頃のクリスマス会。歌を歌ったり、プレゼントをもらったり。僕個人の小さい頃のクリスマス会の思い出。その他、クリスマスはこんな話も、こんな話もありましたね(笑)。

08.年賀状のこと。

January 07, 2004

年賀状、今年は何枚もらったっけ??引っ越しのどさくさで、偶然見つけた年賀状と、僕等をとてもヨロコばせた、一枚の年賀状。

09.夜中ののど自慢。

January 25, 2005

まだ店長ミヤザキとフカザワと僕の3人で、閉店後の片付けをしてた頃。眠くなるからとりあえず歌おう!と、すでに昔の歌しか歌えない3人なのでありました(年がバレバレ...苦笑)。

10.ちゃんと見ていてくれる。

February 04, 2005

ビルの入り口にある、うちの小さな黒板。ともすれば見過ごされがち、とても小さなその黒板。それでも毎日3回書き替えています。ちゃんと見ていてくれる人がいてくれるから。

11.明日は特別....

February 13, 2005

モテるヒトも、モテないヒトも。オトコノコにとってもバレンタインはとてもキンチョーする日なのであります。今年は定休日で難を逃れましたけど(笑)。こんなすてきなオチもありました。

12.引き出しの中身。

February 17, 2005

誰かといっしょに暮らす時、価値観の相違をまざまざと見せつけられたりすることがありますし、そこでどうやってそれを乗り越えていくことが出来るかということが、課題であったりするわけですが....ダイドコロでも(笑)。

13.道明寺。

March 04, 2005

道明寺(桜餅)がスキです。甘いものは、わりと得意じゃなくても、道明寺だけは別です。大学生の僕。スーパーマーケットでの邂逅。

14.春なのに。

March 10, 2005

春は出会いの季節でもあり、そして同じくらい別れの季節でもあります。春なのに、お別れですか、と昔の歌の一節のようにね。ありがとう、そしてまたお目にかかれるのを楽しみにしながら、さようなら。

15.マヨネーズの悲劇。

May 20, 2005

マヨネーズ好きには、画期的な発明でもあった、ダブルキャップ。それがもたらす光と影。気持ちのいい朝食が、一点大惨事に...

16.花より西瓜。

June 02, 2005

オープン一周年、朝の支度をしていた僕等に届いた、西瓜ひとつ。大きな西瓜、そして、すてきなお客さん。幸福な2年目のスタート。

17.持病。

June 09, 2005

耳鳴りがする。もうずっと前から。そしてこの頃はとても酷く鳴る。実際に音が鳴っていないのに、でも確実に聞こえる音。僕はその音を聞きながら、もう何年もこうして生活してきたんだ。

18.テラシマさん。

June 10, 2005

新しいスタッフを入れる。それは僕等にとってひとつのターニングポイントだったと思う。ちょっとビビりながら新しいスタッフを迎え、そして新しいスタッフにも、とても好きになってもらえるようなお店でいること。そうでなくちゃと思う。

19.ばか。

June 21, 2005

ばか、と、突然投げつけられた言葉。梅雨の晴れ間、静かな昼下がり、黒板とチョーク、豆鉄砲をくらったみたいに、しばらくそこで呆然としてしまった、僕。

20.サトシ。

June 30, 2005

スタッフの清水さんに、それでサトシって、漢字はどう書くの?って聞いたら(僕は個人的に「聡」だと思ってたんだけど...)、きっぱりと、カタカナです!と、いや、母は強いな、と(笑)。妄想大学病院で生まれたサトシ。いまだにスタッフの間では引っ張ってるネタでもありますね(笑)。

その他にこんなのもありましたね.....(選考には漏れたけど)。
僕のクロアチア、香田さんのイラク。(November 04, 2004)
似ている。(December 10, 2004)
パン屋の女のコ。(December 13, 2004)
Aさんのこと。(January 19, 2005)
おかんの誕生日。(February 02, 2005)
豆まきの夜。(February 03, 2005)
ヤッくんは勝ち組か?(February 10, 2005)
hanako効果?(February 12, 2005)
絵はがきをもらう。(February 24, 2005)
父と病院。(March 02, 2005)
愛鳥週間。(May 15, 2005)
常連さん。(May 19, 2005)

みなさんからメールをいただけるのを楽しみにしています!

okayan