読み札: り

読み札:り

絵札:り

詠み人解説
リス王国という夢の世界における、チョキの指をピコピコさせるご挨拶。
複数のリトスタスタッフとリス王代理が扉を隔てて挨拶を交わしている様子はばかばかしくも微笑ましい風景である。

ミヤザキより
新人スタッフには、まずリス王代理とは誰なのか、そしてあの挨拶は何の意味があるのか!という教育から始まります(笑)
このかるたを企画し読み札を書いてくれたチカコさんのオウチでは、ストックしてあるはずのナッツが、しばしば夜中の間に減っていることがあるそうです。ツレアイの某氏に「ナッツ知らない?」と聞くと、「あー、それはあれだな、リス王の仕業じゃないかな!」という答えが返ってきたそう。それ以来チカコさんちにはリス王国があるという噂があります。もちろんリス王の代理はチカコさんのツレアイの某氏です。

okayanより
あー、数年前に井の頭公園で台風で倒木、檻が壊れて逃げ出した30匹のリス...捕獲されたのはそれより多い38匹だった!というニュースがありましたが、えぇ、アレはチカコさんちのリス王国のリスだったに違いない!ってなことが当時シンジケート周辺でマコトシヤカニ囁かれておりましたが、えぇ、やっぱりそうに違いないと(苦笑)...って、その後増えたリスはどうなったんでしょうね?みんなで仲よくしてるんでしょうかね?(笑)



「リトスタかるた」公式ルール!
なんとこの「リトスタかるた」には詠み人チカコ(散山)さんご出身の群馬県の伝統的なかるた、70年近い歴史を持つ財団法人群馬文化協会発行「上毛かるた」の公式ルールに準じて作成した公式ルールがございます!....こちらからPDFでご覧いただけます!ぜひ!

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 イイネッ!