読み札: く

読み札:く

絵札:く

詠み人解説
一升瓶の口開けを呑む喜びと満悦感はたった一人にのみ許された行為。その「幸いの瞬間」を今夜も虎視眈々と狙う輩がいます。

ミヤザキより
日本酒の口開けって、やっぱり蔵の思いが詰まった味そのものが味わえるから、それはそれで価値がありますよね。口が開いてなじんでまた美味しくなるお酒もありますが...。
「今日はどれが口開け?」
と直接答えを聞くのは卑怯な手と呼ばれております。
あくまで偶然口開けのお酒にあたるから、うれしい。

okayanより
いや、聞くところによるとこの絵札....この絵札のためにわざわざ写真を撮って下さったそうですよ....って、うまいこと口開けだったんでしょうね!(笑)
夜のホール係にとっては、こうやって日本酒冷やを注ぐ.....出来るだけ気前よく、表面張力までなみなみ注ぐ....入ったばかりの新人スタッフにとっては、なかなかキンチョーする接客でもあるんですが、えぇ、多少こぼれるのはご愛敬!(笑)たっぷり注いでお客さんにヨロコばれて....おー!とかビックリされたり、たまには拍手してもらったり.....ちょっと得意げにだってなれる接客でもありますね....なんで、すぐに慣れて調子に乗ってどんどん注ぎに行っちゃう!(笑)

ま、口開けでもそうでなくても.....今夜も気前よくお注ぎしましょう!



「リトスタかるた」公式ルール!
なんとこの「リトスタかるた」には詠み人チカコ(散山)さんご出身の群馬県の伝統的なかるた、70年近い歴史を持つ財団法人群馬文化協会発行「上毛かるた」の公式ルールに準じて作成した公式ルールがございます!....こちらからPDFでご覧いただけます!ぜひ!

 
この記事につぶやく。 感想など送る。 イイネッ!