2017年8月27日

あー、いいお天気ですねとこの天気、なんやかんやすっかり秋晴れでございますなと...そしてラジオからはケツメイシさんの「夏の思い出」...その「女々しさ」が実にすばらしいと(笑)今日のおひるごはんですよ。

あー、涼しいですね。

からりと晴れて日差しもあるのに...風はすっと涼をかんじさせますよ、ワタクシドモオーナー夫婦は週末朝は自転車通勤、店長でツレアイのミヤザキさん、おおわず「あ!秋だ!」と、いや、そうだよね、これは秋の空気感、いいお天気はすっかり秋晴れ...あぁ、季節は今日から秋なのであります。

と、今朝はごはんをたべつつFMラジオはケツメイシさんはおなじみの「夏の思い出」がかかっておりまして、えぇ、歌詞の季節というか時期というか、いや、今がまさにドンピシャなわけでありまして、ここ最近はかかりがち...ワタクシファンというわけではありませんけど、当時ものすごく流行りましたし...そのサビのメロディーが印象的なのもあって、ついつい耳を持ってかれちゃったりするわけですけど...あー、歌詞的には

ずいぶんと女々しいですよね(苦笑)。

フレッシュな今年の夏の思い出ではなくて...ずっと昔の夏は、とっておきのすてきな誰かとの思い出を...毎年毎年夏の終わりのこの季節が来る度に毎度毎度きちんともれなく思い出してしまうと...そのくらい、その「夏の思い出」があまりにすてきすぎて忘れられないうことな訳ですけど、えぇ、そんなの何年も前、それこそワタクシの歳(47)になれば何十年も前のその思い出...それをこの季節になると未だにどっぷりひたひた浸ってるってのは...ワタクシだったら

ひんしゅくものの女々しさですよね(苦笑)。

ま、でもその「男の女々しさ」を正面から書いたという意味では本当にすばらしい歌だと思いますし、だからこそ未だにこうしてこの季節、毎年毎年大量オンエアされるわけだよなと、えぇ、そうしてまたその度に世の中の男ドモの忘れがたい「夏の思い出」にちらりと触れて、みなさん人知れずじんわりしたりしてるんだろうなと...そんなことを思いながら朝の徒歩通勤は、お店隣の角はフルーツの一富士さん、おはようございます!いや秋ですな〜とご挨拶などしますと...

いやー、今年もひと夏の経験をしないまま終わっちゃったよ!(笑)

って返されちゃいまして(笑)、いや、ワタクシももちろん「夏の思い出」なんかなにもないまま夏も終わりですと、えぇ、悲しいおぢさん同士は夏の終わりのキャッチボールなわけでありますな(笑)。

ま、そんなこともありつつすっかり秋です、秋晴れですよ。
ランチはいつもどおり12:00、みなさんのご来店ココロよりお待ちしております。

(日替わりメニューは「つづきを読む」をどうぞ)

more
 
この記事につぶやく。 感想など送る。 このページのトップへ。
  • 1